toggle
2019-06-28

履き込むほどに馴染む一足 オーロラシューズ

ニューヨーク郊外のオーロラ村で職人の手作業によってつくられている「オーロラシューズ」。
今回は新入荷したばかりの革靴、オーロラシューズについてご紹介していきます。

オーロラシューズとは

オーロラという小さな町から生まれたオーロラシューズは、履くほどに足に馴染んでいくその履き心地の良さ・歩きやすさが特徴で、性別問わず多くのファンに長く愛用されているシューズブランド。機械を使用する工程を最小限に抑え、職人達がひとつひとつ手作業でこなすことにこだわって作られています。量産型ではないからこそ職人たちの想いが込められ、ハンドメイドのぬくもりが感じられる素朴さが魅力となっています。

しなやかなオイルレザー

オーロラシューズの魅力の一つである柔らかい履き心地を作り出しているヒミツ、それはこだわりのオイルレザーにあります。

オイルレザーとは、ヌメ革にオイル加工を施したもののことを言い、他の革の加工方法に比べて、革がやわらかく仕上がるのが特徴です。ワックスとオイルをたっぷり含ませたそのオイルレザーを使用し、一足ずつ湯につけて成型するという工程を経て作られているからこそ、履く人の足を包み込むような柔軟でしなやかな履き心地が生み出されています。使い込むと増してくる艶感もオイルレザーならでは。

オイルが抜けてきた時にはブラッシングしてホコリを払った後、革用クリームを薄く伸ばして塗り、仕上げのブラッシングをすることで手入れができ、風合いがある革に育てて頂けます。

衝撃吸収性のあるソール

オーロラシューズにはイタリアのビブラム(Vibram)社が製造しているビブラムソールが使用されています。ビブラムソールは世界中で登山靴、ブーツ、スニーカーに使用されており、優れたグリップ力や耐久性で評価されているソール。このソールこそが軽くて歩きやすい抜群の履き心地を実現しています。

長く歩いても疲れにくい工夫がされているので、お出かけやピクニック、ちょっとした遠出にもぴったりですよ。ソールが古くなってきたらオールソールの交換ができるのも嬉しいです。

素朴で合わせやすいデザイン

シンプルでどんなスタイルにも合わせやすいオーロラシューズですが、その中でも2種類の型が入荷しています。ひとつは女性に人気があるウエストインディアン

ウエストインディアン-ブラウン 26,000yen(+税)

T型のストラップが特徴で、足を締め付けつけすぎず適度に足をカバーしてくれるデザインになっています。オーロラシューズは革靴の中では珍しく素足でも履ける柔らかい履き心地になっているので、こちらの形はサンダルのような気軽さでパンツやスカート、ワンピースなどカジュアルにコーディネートして頂けます。

シンプルなスタイルや、大人っぽくシックなコーディネートにはブラックも。

ウエストインディアン-ブラック 26,000yen(+税)

 

そしてもう一つのデザインは、かっちりした服にも合わせやすいミドルイングリッシュ

 

ミドルイングリッシュ-ブラック 27,000yen(+税)

スリッポンタイプで履きやすい手軽さと、シックでフォーマルなスタイルにも合わせやすいデザインです。素足で履く方が多いオーロラシューズですが、こちらの型は靴下を履くのも似合いますね。

どちらも履き始めはきつく感じることもありますが、つま先がしっかりと伸び、サイズがきちんと合っていれば履いていくうちに徐々に足の形に馴染んできます。ベルトストラップでの調整もできるのでお気軽に試着してみてくださいね。

永く、大切に愛用して特別な1足に育ってくれるオーロラシューズ。
是非店頭でご覧になってみてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

merle メルル

愛媛県松山市南江戸2丁目7-15丹下ハイツII 1F西
tel. 0899220070
6月からの営業時間 11:00-19:00
定休日 月曜日
駐車場 4台

LINE@:@merle07 (ID検索の際は@をお忘れなく)

Instagram : @merle_0070

 

関連記事